【重要】LINE公式アカウントを統合&キャンペーン実施 友だち登録して続報をお待ちください

バリ島への国際線直行便、徐々に再開

(c) Kompas

バリ島との直行便を再開する航空会社が、3月よりさらに3社増加する。

サンディアガ観光創造・経済相が明らかにしたところによると、オランダのKLMオランダ航空、シンガポールの格安航空会社スクート航空、オーストラリアのジェットスター航空が、バリ島への直行便を週3~4便運航する予定だという。

バリ島への直行便は、シンガポール航空が2月3日から再開した。2月18日までに639人の観光客がバリ島を訪れたが、そのうち462人がシンガポール航空を利用して入国した。

政府は入国後の隔離期間を4月から完全に撤廃するとの計画を発表したが、現在は指定施設での3日または5日の隔離が必要となっている。またバリ島の一部のホテルでは、部屋の中だけでなくジムやプールなどの許可されたエリア内で隔離期間を過ごす「ウォームアップバケーション」と呼ばれる仕組みが適用されている。

 

記事カテゴリー