【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

ファーウェイ、インドネシアのデジタル化支援

(c) Kompas

中国の通信機器大手ファーウェイは、3月28日に行われた2021年度決算発表会において、東南アジア、特にインドネシアにおけるデジタルトランスフォーメーションを支援すると表明した。

同社のグオピン輪番会長は会見で、インドネシアのルフット海事・投資担当調整相が昨年ファーウェイの本社を訪れたことに言及し、インドネシアのICTインフラ、5Gネットワーク、クラウドコンピューティング、新首都建設について話し合われたと述べた。

また同社は、アジア太平洋地域において今後5年間で5000万米ドルを投資して50万人のデジタル人材を育成する計画で、インドネシアでは10万人のローカル人材と1000人のICTインストラクターを育成する目標であるという。

東南アジアデジタル経済レポートによると、同地域でのデジタル経済の市場規模は2030年までに1兆米ドルに達する。同社は東南アジアの大きな将来性と需要を見込んでいる。

 

記事カテゴリー