5/14-15 チカラン・ジャカルタで交流会開催!詳細はこちら

貧困層へ30万ルピア相当の食用油援助

政府は貧困層および移動式屋台の商人に対する食用油援助を実施する。レバラン休暇前に1回目の支給を開始したい考え。計画では4月から6月にかけて、毎月10万ルピア相当、合計30万ルピア相当の食用油を支給する予定である。

トリ社会相によると、対象者は2300万人で、内訳は貧困層[非現金食糧支援(BPNT)や希望ある家族プログラム(PHK)の受給者]が2050万人、移動式屋台の商人が250万人となっている。対象者の確認は、社会省公式の専用アプリケーションまたは専用ウェブサイトから行うことができる。

支給する食用油の量は、中央統計局のデータをもとに1週間あたり必要な油の量を0.32リットルと算出し決定した。