【重要】LINE公式アカウントを統合&キャンペーン実施 友だち登録して続報をお待ちください

食用油の禁輸解除 23日から輸出再開

ジョコ・ウィドド大統領は19日、23日より食用油とパーム原油(CPO)の輸出を再開すると発表した。国内の食用油の供給および価格の状況と、アブラヤシ農家など関連するパーム産業に関わる1700万人の労働者を考慮し、輸出禁止の解除を決定した。

ジョコウィ大統領によると、国内の量り売り食用油の供給量は、1ヵ月の需要量19万4000トンに対し、輸出禁止前の3月は6万4500トンであったが、輸出禁止後には需要量を上回る21万1000トンに達した。価格は、輸出禁止前の1リットルあたり平均1万9800ルピアから、同1万7200~1万7600ルピアまで下がった。

政府は4月28日よりすべての食用油製品、CPO、RBDパームオレイン、ポマード、使用済み食用油の輸出を禁止した。当初は、量り売り食用油の価格が1リットルあたり1万4000ルピアに下がるまで輸出を禁止するとしていた。

 

記事カテゴリー