【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

対面授業100%義務化

(c) CNBC Indonesia

インドネシア政府は、対面授業に関する最新の規則を発布した。関係4大臣の共同決定に基づき、新型コロナウイルスの活動制限(PPKM)レベル1~3の地域で、生徒数100%の対面授業が5月17日から実施された。

PPKM1~2の地域では、住民のワクチン接種率が80%以上、高齢者の接種率が60%以上の場合、教育課程に準じた学習時間の対面授業を義務付けた。ワクチン接種率が基準に満たない場合、少なくとも6時間の学習時間で対面授業を行う。

レベル3の地域では、住民のワクチン接種率が80%以上、高齢者の接種率が60%以上の場合、教育課程通りの学習時間の対面授業、それに満たない場合は生徒数50%で分散登校し、少なくとも6時間の学習時間を確保する。レベル4の地域(現在は該当地域なし)は、地域のワクチン接種率に応じ、50~60%の収容率で行う。

いずれの場合も、保護者は遠隔学習を選択することも可能とした。

 

記事カテゴリー