チボダス植物園、樹木の1割に倒木の危機

西ジャワ州チアンジュールにあるチボダス植物園の管理者によると、8646本ある樹木のうち、およそ1割にあたる樹齢数十年の木に倒木の可能性があるという。

倒木の可能性のある木の多くは、樹齢50年から100年のナンヨウスギの仲間やヒノキの仲間。公園の警備員が定期的に敷地内を巡回して、危険性のある木に近づかないよう訪問者に注意を促している。

コロナ規制の緩和によって、チボダス植物園を訪れる人が増加しており、レバラン休暇中には1日に約1万人の来場者を記録した。同植物園は1852年にボゴール植物園の分園として亜熱帯植物を栽培するために特別に建設された。85ヘクタールの面積のこの植物園は、マウントグデパングランゴ国立公園の入り口にあり、海抜1300メートルから1425メートルの標高に位置している。