【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

2018年以来の利上げへ インフレ抑制

(c)TheJakartaPost

インドネシア中央銀行は8月23日、政策金利(7日物リバースレポ金利)を0.25ポイント引き上げ、3.75%に設定した。2018年以来初めて、全ての主要金利を引き上げた。

ブルームバーグが調査したほとんどのエコノミストは金利据え置きを想定していたため、予想外の利上げとなった。

中央銀行のペリー総裁は、補助金対象外の燃料価格の上昇と食料品の価格上昇によるコアインフレ率の上昇を予測し、今年の総合インフレ率は5.24%に達する可能性があると説明。その上で、今回の利上げは価格急騰への対応ではなく、コア価格への二次的影響に備えた措置であるとした。

 

記事カテゴリー