【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

スマホ需要は下半期も低迷へ=カウンターポイント見通し

(c) TheJakartaPost

リサーチ会社カウンターポイントはこのほど、インドネシアのスマートフォンの需要は2022年下半期(7~9月)にさらに落ち込むとの見通しを示した。景気の不安定感が増す中、同年第2四半期(4~6月)にスマートフォンの需要が落ち込んだが、この傾向が継続するとみられるという。

カウンターポイントは直近の報告書で、インドネシアのスマートフォンの出荷台数は2022年第2四半期に前年同期から11%減少したと説明した。

インドネシアの国内総生産(GDP)成長率はほかの新興国よりも高い水準で推移している。しかし、カウンターポイントは「世界のマクロ経済の見通しではインフレ・リスクの高まりが予測される上、為替相場の不安定感が高まることで、スマートフォンの需要の伸びが阻害されると予想されている」と説明する。

 

記事カテゴリー