【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

燃料値上げ 学生・労働組合が大規模デモ

(c) Kompas

9月5日、政府による燃料値上げを受け、ジャカルタ特別州では大統領宮殿付近や国会議事堂周辺でイスラム学生連合(HMI)やインドネシア民族主義学生運動(GMNI)などの学生団体による抗議デモが行われた。

学生らは、燃料値上げの反対、燃料マフィアの撲滅、適正な価格の補助金政策の実施、補助金燃料の供給を社会へ周知することを訴えた。学生らによる抗議デモは同日、南スラウェシ州マカッサル市や東ジャワ州マラン市など全国各地で行われた。

また6日には、インドネシア労働組合総連合(KSPI)によるデモが国会議事堂周辺で実施され、ジャボデタベック(首都圏)から少なくとも3000人の労働者が集結した。全国各州でも同日、大規模な抗議デモが行われた。

 

記事カテゴリー