ジョコウィ大統領 旧友ユスリル党首と会談

ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が西ジャワ州ボゴール市のイスタナ(大統領宮殿)で11月30日、旧友で月星党(PBB)党首のユスリル・イザ・マヘンドラ元法務人権相と会談を行った。
ジョコウィ大統領は自身の公式インスタグラムでも会談の様子について投稿し、会談の議題は政治に関することではなく、統治システムであると述べた。
ユスリル元法務人権相は、ジョコウィ大統領がソロ市長を務めていた時からの友人で、来年4月に行われる大統領選のジョコウィ大統領とマアルフ・アミン副大統領候補ペアの弁護人にもなっている。ユスリル氏は「私がジョコウィ大統領の陣営に参加することはPBB内で賛否両論がある。1月に国内調整会議を行い、反対する党員の不満を少しでも解消させて共にジョコウィ大統領・マアルフ副大統領候補を支持したい」とコメントしている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!