【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

アスコット、インドネシア事業を拡大

シンガポールの不動産会社シンガポールの不動産会社キャピタランドの子会社で、宿泊事業を手掛けるアスコット・リミテッド(アスコット)は5日、過去3ヵ月の間に国内6都市で7件の宿泊施設開発の新規契約を締結したと発表した。

東南アジアにおいてインドネシアはアスコットの最大マーケットシェアを持ち、積極的に事業を拡大している。

開発を開始するのは、バタム、ジョグジャカルタ、シンカワン、バンジャルネガラ、ガルト、ブカシの「HARRIS」「Yello」「Fox」ブランドのホテル7件で、これらの総ユニット数は1000以上に上る。2022年から2026年にかけてのオープンを予定している。

 

記事カテゴリー