インドネシア事業に関する無料相談はこちらから

韓国チェジュ航空、マナドと直行便運航へ

韓国の格安航空会社チェジュ航空と北スラウェシ州政府は、韓国とマナドの直行便を運航する契約を締結した。

チェジュ航空のキム・イベ社長と北スラウェシ州のオリー知事が、ソウルのインドネシア大使公邸で協定書に署名を行った。キム社長は「マナド、バリ、ロンボク、ジャカルタ、ジョグジャカルタへの直行便を運航するために最善を尽くす」とコメントした。

オリー知事は、韓国と北スラウェシ州は飛行機でわずか5時間であり、互いの観光を後押しできることへの期待を示した。

サンディアガ・ウノ観光・創造経済相は、この新ルートはマナド郊外の観光地、特に政府が最優先の観光地として掲げている「リクパン」の認知度を外国人観光客の間で高める可能性があると、期待を述べた。