インドネシアのヤシ殻、日本で需要大

インドネシア産のパームヤシ殻は、環境にやさしく持続可能なバイオマス燃料として、日本市場から大きな需要がある。

9月26日、パームヤシ殻の加工産業部門の育成を図るインドネシアの商業省は、東京にあるインドネシア大使館と共に、インドネシアパームヤシ殻起業家協会(APCASI)と日本のバイオマス発電協会(BPS)のパームヤシ殻を扱う企業をつなげる目的で、東京でビジネスフォーラムを開催した。一連のビジネスフォーラムでは、パームヤシ殻取引に関する産業協力協定が結ばれた。産業協力の総額は年間1億3520万米ドルに上る。

インドネシアはパームヤシ殻の生産ポテンシャルは年間1100万トンだが、半製品の形で輸出されているのは年間350万トンほどである。