【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

一家4人の遺体発見 東ジャカルタ

(c) CNN Indonesia

東ジャカルタ・カリデレスの民家で10日、この家に住んでいた家族全員の遺体が発見された。

家族は父親(71)、母親(66)、娘(42)、叔父(68)の4人で、近隣住民から異臭がすると通報を受けた警察が、それぞれ違う場所で遺体を発見した。ひとりの遺体の側には樟脳(しょうのう)やロウソクが見つかり、中から鍵が掛けられていた状態だった。司法解剖の結果、4人とも暴行を受けた跡はなかったものの、胃の中に食糧が全く残っていなかったことが分かった。

近くに住む住民らからは、父親が黒い紐で足を縛られていたという目撃情報や、州職員によるボウフラ監視巡回では自宅への出入りを拒否したなどの証言が寄せられている。電気会社からは、10月に電気を止めてほしいとこの家の住人から連絡があったといい、警察は事件の経緯も含め詳しい捜査を続けている。

 

記事カテゴリー