【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

ボロブドゥールマラソン2022開催

(c) Kompas

中部ジャワ州マゲラン県のボロブドゥール寺院遺跡公園内で、12~13日に「ボロブドゥールマラソン」が開催された。

競技カテゴリーはフル、ハーフ、10キロマラソンの3種目。初日はフルマラソンと10キロマラソン(15~18歳)、2日目はハーフマラソンが開催された。優勝者とタイムは、フルマラソン男子の部でヌルショディク選手が2時間38分5秒、女子の部でプレティ・シヒテ選手が3時間10分44秒。10キロマラソン男子の部はファドヒル選手が34分2秒、女子の部はヌル・アスラミヤ選手が46分54秒。またハーフマラソン男子の部はハイルラー選手が1時間18分02秒、女子の部はアイ・クスニアティ選手1時間30分だった。

一般ランナーは参加者が4500人と制限されたが、観光客は一日あたり5000人を越えた。これを受け主催者側は、マラソン大会の開催は経済効果に期待が持て、パンデミック後は良いスタートが切れる兆しだとコメントした。

 

記事カテゴリー