プルタミナ海運子会社と出資契約締結 | 日本郵船株式会社

日本郵船株式会社は2日、今年10月に基本合意していた国営石油・ガス関連企業プルタミナの海運子会社であるプルタミナ・インターナショナル・シッピング(PIS)への出資に関連する契約に署名したと発表した。また、同時にPISと長期的な戦略的パートナーシップ契約を締結した。

12月1日に東京で行われた調印式には、同社の長澤代表取締役社長や河野専務執行役員、ヘリ・アフマディ駐日インドネシア特命全権大使、プルタミナのニッケ総裁、PISのヨキ社長らが出席した。

同社は今後、原油・石油製品・LNG輸送、FSRU(浮体式LNG貯蔵再ガス化設備)事業および今後カーボンニュートラル社会の実現に向けて需要が伸びることが予想される二酸化炭素の回収・貯留(CCS)事業など幅広い事業においてPISと協業を行っていく。