ブラックピンクバージョンのオレオが大ヒット!通常盤との味の違いは?

世界中で愛される米国発のクッキー「オレオ(Oreo)」は110周年を記念し、韓国のYGエンターテインメント所属のガールズグループ「ブラックピンク(Blackpink)」とのコラボレーション商品を販売。世界中のBlinks(ブラックピンクファン)を騒がせている。

BLACKPINKエディションのオレオのパッケージは、全面ピンク色の背景にオレオとBLACKPINKのコラボロゴやシルバーのティアラがあしらわれた華やかなデザイン。中身もオレオのシンボルでもある黒いクッキーにバニラクリームを挟んだものではなく、ピンク色のクッキーにダークチョコレートクリームを挟んだ特別仕様になっている。さらにファミリーパックには、メンバーのサイン入りフォトカードが1枚含まれている。フォトカードは全10種類で、ジェニー、リサ、ロゼ、ジスの4人のうちの誰の写真かはパッケージを開けてのお楽しみ。

ピンク色のクッキーは、通常のブラックやレッドベルベットのクッキーと比較して甘さ控えめの、いちご風味。フィリングは、ふんわりとした甘さのチョコレートクリームで、いちご風味のクッキーとの相性も抜群。牛乳に浸して食べると美味しいと評判だ。

70万Rpで転売するサイトもある人気ぶり。日本未発売なのでお土産にしても喜ばれそうだ。