7年逃亡後、バリでのトランジットで逮捕

(c) TheJakartaPost

麻薬密売と生産の容疑で国際刑事警察機構(インターポール)から7年間逃亡していたオーストラリアの市民権を持つアントニオ・ストランジオ容疑者が、2月2日にバリのングラ・ライ空港で逮捕された。マレーシアからオーストラリアへ向かうトランジットでバリの空港に滞在していた。

イタリアの犯罪組織「ンドランゲタ」と関係のあるとされるストランジオ容疑者は、インドネシアの入国管理システムによって発見され、入国管理官により拘束された。イタリア警察は、世界的な取り組みについて称賛した。

バリ入国管理局はバリ警察に容疑者の身柄を引き渡したが、バリ警察はさらにインターポールへ身柄を送る見込み。裁判はイタリアで行われるが、現段階では容疑者は無罪を主張しているという。