インドネシア事業に関する無料相談はこちらから

LRT首都圏の運賃決定 初乗り5千ルピア

(c) Kompas

運輸省は7月18日、試験運行中のジャカルタ特別州と首都近郊(西ジャワ州ブカシ、ボゴール、デポック)を結ぶLRT首都圏の運賃を発表した。初乗りは5000ルピアで、その後1キロ毎に700ルピアが加算される。運輸相令「2023年第67号」で規定した。

LRT首都圏は全18駅から成り、ジャカルタ市内を走る通勤電車のコミューターラインや、MRT(大量高速鉄道)、ミニバスのマイクロトランス、公共バスのトランスジャカルタ、ジャカルタ・バンドン高速鉄道、市内交通などと接続している。

本開業すれば、ジャカルタの交通渋滞の緩和につながると期待されている。