ブロモ山で火災 発煙筒の使用が原因か

(c) DetikNews

東ジャワ州プロボリンゴのブロモ山(標高2392メートル)で6日、森林火災が発生した。火災の原因は、結婚式の前撮り写真のためにロケーション撮影を行った業者が、発煙筒を使用したことが原因とみられている。

撮影は、ブロモ・テンゲル・スメル国立公園内のテレトゥビエス丘で行われており、その後の捜査で、この業者は当局に撮影許可を取っていなかったことも判明した。

警察は、結婚予定のカップルを含む撮影業者のマネージャーやスタッフ計5人を容疑者に認定した。国家災害対策庁(BNPB)の防災ヘリコプターや国軍、国家警察、地元のボランティアが消火活動を行い、6日後、ようやく鎮火した。少なくとも274ヘクタールが焼けた。この火災により、ブロモ山近郊の観光施設は一時閉鎖され、入山も規制された。