【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

トランスジャカルタ・バス車内で男児出産

首都圏専用バスのトランスジャカルタ(TJ)に乗車中だったヘルフィナ・シアニパルさんが2月2日午後2時頃、車内で男児を出産した。
同社業務局ダウド・ジョセフ部長によると、ハラパン・インダー行きのバスでチャクン地区を通りかかった際、ヘルフィナさんはバスのサービス係の助けを得て第3子を出産したという。バスのサービス係は、男児が生まれた後すぐに助産師を探し、連絡を受けて駆け付けた助産師がへその緒を切った。
ヘルフィナさんは同社の車で職員に付き添われて最寄りのクリニックへ搬送された。男児の健康状態は良好。ヘルフィナさんが出産中、バスは一時停止し、他の乗客も状況を理解して見守っていた。
ダウド部長は「珍しい事態であるが、妊娠している乗客でもトランスジャカルタのバスに乗りたいと思うほど、我々のバスは快適だと認識されていると思う」と話している。

 

記事カテゴリー