【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

増築中のビルが崩落、1人ケガ メダン

北スマトラ州メダン市で8日夜、人気カフェが入居する3階建てのビルが突然崩落した。メダン市警察のダダン・ハルタント署長によると、ビルの隣の住民1人が瓦礫の下から救助されたが、背中を負傷しているとのこと。
崩落したビルは地元ではよく知られているリング・ロード・シティ・ウォークというショッピングセンターの真向かいにあり、ビッグ・ホワイト・コーヒー・カフェやベネチア・ファミリー・マッサージ・パーラーなどの店舗が入居していた。
このビルは2日前から4階と5階部分を増築する工事のために閉鎖していたとのことで、工事の現場監督のバユ氏によると、4階部分の工事が完了し、作業員らが現場を午後5時に離れた後、午後7時頃に崩落したという。崩落したのは午後6時30分という目撃者の証言もある。崩落によりこのビルは完全にぺしゃんこになってしまったとのこと。崩落の詳しい原因は分かっていない。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!