【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

偽装食品が発見される 中身はセメント

中部ジャワ州ジェパラ県の伝統市場のパサール・ラトゥで4月24日、建築用セメントが入ったベーキングパウダーの箱が発見された。箱の外装は鷲の絵が描かれた国内メーカー「RAJAWALI」。
この商品を販売した食料品店の店主スミヤティさん(51)によると、製菓材料のセールスマン2人から商品を仕入れて店頭で販売したところ、購入した客からの問い合わせで事件が明らかになったという。
スミヤティさんが商品を仕入れた経緯は、営業中に「RAJAWALIは置いていますか」と知らない客が来店した際、取り扱いがなかったため断ると、しばらくしてセールスマンらがRAJAWALIを売り込みに来たという。タイミングが良いと魅力を感じたスミヤティさんは10箱、340万ルピアでそのRAJAWALIを仕入れていた。
事件発覚後、通報を受けた警察が該当品すべてを押収し、犯行の経緯も含めた詳しい捜査を行っている。

 

記事カテゴリー