【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ジョコウィ大統領 首都移転先にカリマンタン島を視察

ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は7日、首都移転先候補地の視察のためにカリマンタン島を訪問した。
ジョコウィ大統領は、同地域にすでに3つの候補地があり、それらは8万ヘクタール、12万ヘクタール、30万ヘクタールと、首都ジャカルタの6万6000ヘクタールを大きく上回る広大な土地だと強調した。
またスリ・ムルヤニ財務相とバスキ・ハディムルジョノ公共事業・国民住宅相が移転に伴う経費を入念に試算したところ、国家予算に負担はかからないと判断。
更なる精査が必要なため3つの候補地に絞るに留まるも、首都ジャカルタを移転する構想の実現を確実に進めている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー