【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

アチェ産の大麻が大量に出回る理由とは

国家麻薬取締庁(BNN)は7日、昨今の麻薬流通の傾向として、アチェで栽培された大麻が同地のシンジケートによって各地に送られているとの見解を示した。これらの大麻は箱詰め後、特有の匂いを消すためにスプレー式塗料が散布されているとみられる。
6日にアチェ産の大麻400キロがデポックで押収されたが、スプレー式塗料の散布は麻薬探知犬の検査から逃れるために有効で、検問を突破してジャワ島に流通した可能性が高い。同シンジケートのネットワークは刑務所内で構成されており、大麻はアチェからメダンに運ばれた後、DSIカーゴという遠距離輸送サービス業者に預けられ、陸路で目的地まで届けられている。
アチェの各地で大麻の栽培が盛んに行われており、現地警察とインドネシア国軍の合同部隊が大麻の木の撤去に追われている。

 

記事カテゴリー