アジア陸上競技選手権 ゾフリ選手が男子100Mで銀メダル

陸上競技界の期待の星、ラル・ゾフリ・ムハンマド選手が4月22日、カタール・ドーハで開催されたアジア陸上競技選手権、男子100メートルの部で10秒13(追い風1.5メートル)を記録し、銀メダルを獲得した。2009年にラオスで開催された東南アジア大会でスルヨ・アグン・ウィボノ選手が出した10秒17のインドネシア最高記録を塗り替え、自己ベスト10秒18も更新した。
優勝は、日本代表の桐生祥秀選手で10秒10。試合後のインタビューでゾフリ選手は「銀メダルに終わったことが悔しく、今後はより努力を重ねる」とコメントしている。