【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

来訪者の多い世界の都市トップ20、バリがランクイン

クレジットカード大手の米マスターカードによる「2018年グローバル・デスティネーション・シティーズ・インデックス」で、「最も来訪者の多い世界トップ20都市」に、インドネシアからバリがランクインした。
1位はバンコクで、来訪者数は2010万人に上った。これにロンドンが1983万人、パリが1744万人、ドバイが1579万人、シンガポールが1391万人で続いた。
マスターカードは、来訪者の多い都市とは、強固なインフラを有するとともに、様々なレクリエーションやビジネスを引き付ける場となっているという。同時に、地元文化が魅力となり、来訪者を惹きつける面も注目される。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー