【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

ユドヨノ前大統領の妻が死去、血液のがんで

スシロ・バンバン・ユドヨノ前大統領の妻、アニー・ユドヨノさんが6日1日午前11時50分ごろ、入院先のシンガポールの病院で亡くなった。67歳だった。
アニーさんは血液のがんにり患しており、2019年2月からシンガポール国立大学付属病院に入院していた。しかし、5月30日に様態が悪化し、高熱が出たことから集中治療室で治療を受けていたという。
アニーさんの遺体を乗せた飛行機は6月1日午後10時、ユドヨノ前大統領ら家族が見守る中、ジャカルタのハリム空軍基地に到着した。
アニーさんの長男、アグス・ハリムルティ・ユドヨノさんは声明で「母は亡くなるまでずっとインドネシアに関するニュースを確認し続けてきた。インドネシア国民が幸せな時、母は幸せを感じ、国民が悲しみを抱いているとき、母もまた悲しみを共有した」と述べている。

 

記事カテゴリー