【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

女優ファネッサ・エンジェル被告 懲役5ヶ月の有罪判決

東ジャワ州スラバヤ地方裁判所は6月26日、情報電子商取引法(ITE法)に違反したとして起訴されていた女優のファネッサ・エンジェル被告に、懲役5ヶ月の有罪判決を言い渡した。検察の求刑である懲役6ヵ月よりも軽い判決となったが、判決を聞いたファネッサ被告は泣き崩れた。ファネッサ被告は今年1月、スラバヤ市内のホテルで売春行為をしていたとして警察に拘束された。ファネッサ被告に適用する法律がないとして証人として扱われていたが、その後自身のわいせつな写真や動画を送信していたことが判明しITE法違反の疑いで容疑者認定された。

 

記事カテゴリー