【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

テロ容疑で中部ジャワ州在住の男を逮捕

国家警察の対テロ特殊部隊デンスス88は6月30日、中部ジャワ州クラテン県在住の42歳の男性を東ジャワ州ポノロゴ県でテロ未遂容疑で逮捕した。ポノロゴ県警察は逮捕の事実を認めてはいるが、逮捕した男性がどのテロ組織に属しているかなどの詳しい情報は明らかにしていない。男性は取り調べのためにジャカルタに移送されたとのこと。男性はポノロゴ県内で中部ジャワ州ウォノギリ県と東ジャワ州ポノロゴ県を結ぶ道路を車で走行中に、デンスス88に制止され逮捕された。逮捕時、地元の住民らがその様子を写真に撮るなどしたが、デンスス88の隊員が撮影を止めるよう呼びかけ、撮影済みの写真を削除するよう命じたとのこと。デンスス88に車を止められた男性は、車から出た後、両手を首の後ろで組む姿勢で地面にうつ伏せにさせられ、手錠を掛けられたという。

 

記事カテゴリー