【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

オジェック運転手のバイク盗難警察が代車を贈呈

(c) Kompas

オジェック運転手のプジ・サントソさん(59)は7月29日、西ジャワ州バンテン県セラン市から、40キロ離れたランカスビトゥン市へ乗客を送り届けた後、その乗客にバイクを持ち去られる盗難事件に遭った。

大事な商売道具を失ったと涙を流すプジさんの姿を捉えた動画がソーシャルメディアへ投稿された。翌日夜、プジさんが盗難届を提出するため警察署を訪れたところ、同署のアリ・サトモコ警察本部長からバイクが贈られた。被害に遭ったバイクと種類や色、発売年度も同じものだという。

アリ警察本部長は「このバイクを以前のように仕事に使ってください。また今回の事件を今後の教訓にし、より注意を払ってください。警察は犯人を追跡し、必ず逮捕します」と約束した。プジさんは「これが一番ほしいものです」と感謝し、贈られたバイクを持ち帰った。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!