【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

リアウ諸島州知事がコロナ陽性警護官から感染か

(c) TheJakartaPost

リアウ諸島州のイスディアント知事が新型コロナウイルスの感染検査で陽性となったことが明らかになった。同知事は7月27日に就任したばかりで、同日ジャカルタの大統領宮殿でジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領と共に就任式を行い、その4日後に検査結果が陽性であることが判明した。

同知事は自らの警護官がコロナに感染したことが明らかになったためにPCR検査を受けたという。その後、州庁舎内で自主隔離を行い、数名の医師が診療に当たっているという。ジャカルタで就任式を行う2日前のPCR検査では陰性であったことも分かっている。

コロナ陽性になった警護官はリアウ諸島州からジャカルタまで知事に同行したが、厳しい感染防止策のため大統領宮殿内には入ることができなかったとのこと。イスディアント知事は前知事が汚職で辞任したために副知事から知事に昇任し、任期は2021年までとなっている。

新型コロナの影響によるインドネシアへの最新入国事情はコチラもご確認下さい。
※WEB Lifenesiaへ

新型コロナによる影響は?|インドネシア最新出入国事情と社会規制情報まとめ【入国者体験談付】

 

記事カテゴリー