【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

バドミントン インドネシアオープン開幕

世界バドミントン連盟(BWF)ワールドツアーの大会「ブリブリ・インドネシアオープン2019」が16日、ジャカルタの屋内競技場イスタナスナヤンで開幕した。
男子ダブルスでは、マルクス・ケビンペアが日本代表の井上・金子ペアと対戦。2-1で初戦を突破した。1ゲーム目は20-22で先制されたものの、続く2ゲーム目では21-16と同スコアへ持ち込んだ。勝負を決める3ゲーム目でも21-14と力を見せつけ、勝利した。しかし、試合後マルクス・ケビン両選手は「会場の風がとても強く、羽根が揺れて違和感があった。強いショットを打っても、意図したように進まなかった」と心情を明かした。
2回戦は、インド代表のSatwiksairaj・Chiragペアと18日に対戦予定。マルクス選手は、インド代表選手について「お互いに良く知っている相手。次回は、精神的にもしっかりと準備して試合に臨みたい」とコメントした。

 

記事カテゴリー