【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

ボゴールで干ばつ被害

(c) TheJakartaPost

西ジャワ州ボゴール県の地域災害対策本部(BPBD)によると、同県では干ばつのために5万4194人の住民に影響が出ているという。

BPBDのアダム・ハムダニ氏によると、この数は干ばつの影響を受けている9地区の31の村に住んでいる住人の数を基にしているという。BPBDでは干ばつの影響を受けている地域に5千リットルの飲料水タンク4つを届けたとのことで、9地区以外の他の地域でも干ばつの影響を受けている場合にはBPBDにすぐさま連絡をするよう求めている。

また、その際には必要な支援物資が不足しないよう、影響を受けている住民の数も併せて報告することを求めている。一方、ボゴール市当局によると、少なくとも302ヘクタールの農作地で、作物が不作となる被害が発生しているという。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!