【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

インドネシアでの日本型保育所事業が「パイロット事業」に選定

(c)ヒューマンホールディングス

ヒューマンホールディングス株式会社は、インドネシアで展開する日本型保育所のモデル展開事業が、文部科学省を中心に日本型教育の海外展開を目指す「EDU-Portニッポン」の2020年度パイロット事業(応援プロジェクト)に選定されたと発表した。パイロット事業とは、日本型教育の海外展開に適した事業の支援を目的としている。

同社は2018年7月から、ジャカルタのクニンガン地区で日本型保育所「スターチャイルドインドネシア」を運営している。主に現地の0歳から5歳の子どもを対象としており、定員は40名。

この保育園では、幼児の発達年齢に応じた独自の「養護法」、朝会を代表とする幼児の主体的当番制を導入した「運営法」、今後グローバル社会に求められる英語やSTEAM(科学、技術、ものづくり、芸術、数学)といった「学習コンテンツ」を用いて、就学前教育を提供する保育所パーケージを構築しているとのこと。

 

記事カテゴリー