【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

対策ないと12月にジャカルタでベッド不足、新型コロナ

(c) TheJakartaPost

ジャカルタ特別州保健局はこのほど、新型コロナウイルスの感染が現在のペースで増加し、かつ医療機関の受け入れ体制の強化に向けて何の対策も取らない場合、ジャカルタ特別州の医療機関では12月までに新型コロナウイルスの感染者向け病床が満床になり、受け入れができなくなるとの試算を示した。

保健局はこのため、新型コロナウイルスの感染者を受け入れるベッドの数を増やすとともに、医療従事者の数を確保することが必須だと説明する。

同局は先には、1174人の医療従事者を新たに採用した。このうちの多くはジャカルタ特別州以外の地域の出身者だという。

新型コロナの影響によるインドネシアへの最新入国事情はコチラもご確認下さい。
※WEB Lifenesiaへ

新型コロナによる影響は?|インドネシア最新出入国事情と社会規制情報まとめ【入国者体験談付】

 

記事カテゴリー