国会のホームページがハッキングされる

(c) TheJakartaPost

オムニバス法への抗議の大規模デモが発生した8日、国会のウェブサイトがハッキング被害に遭い、ホームページの見出しが「裏切り者の会」と書き換えられる事件があった。ジョニー・G・プレート通信・情報大臣は国会のホームページがハッキングされたことを認めた上で、どのようにしてハッキングがなされたのかを調査しているとコメントしている。

ネット上にはショートムービーサイトのTikTokに、書き換えられたホームページの画像が投稿され拡散し、多数のネット利用者から反応があった。

国会で法案が審議されていた5日頃から国会のウェブサイトにはハッカーからの攻撃があったという。国会は国営通信テレコム社と国家警察に協力を求め、さらなる被害に遭わないよう監視を強めている。