【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

中国シノバック社のコロナワクチンが到着

(c) Kompas

中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)社の新型コロナウィルスワクチンの第1便が6日夜、スカルノハッタ空港に到着した。

到着したのは120万回分で、政府は今年8月から西ジャワ州バンドン市でこのワクチンの治験を行っている。使用に関しては、医療・食品監督庁(BPOM)の承認認可待ちとなっており、3~4週間後に結果が出る見通し。また政府は来年1月上旬に180万回分のワクチンを追加で受領する。

ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は「ワクチンが到着したとはいえ、これまでのようにマスクの着用や手洗い、身体的距離の確保など衛生プロトコルを遵守し、神から与えられた試練を国民皆で乗り越えよう」と呼びかけている。

新型コロナの影響によるインドネシアへの最新入国事情はコチラもご確認下さい。
※WEB Lifenesiaへ

新型コロナによる影響は?|インドネシア最新出入国事情と社会規制情報まとめ【入国者体験談付】

 

記事カテゴリー