【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

新型コロナウイルスワクチンの接種、料金支払い可はインドネシア人の3分の1

(c) TheJakartaPost

インドネシア保健省がこのほど実施したオンライン調査で、新型コロナウイルスワクチンの接種にあたり、料金を支払うことを肯定的にとらえている人が調査対象者の3分の1にとどまったことが明らかになった。

今回のオンライン調査は、国連児童基金(ユニセフ)、世界保健機関(WHO)などの支援を受けつつ、9月19日から30日、インドネシア全土の11万5000人を対象に実施された。

この結果、「新型コロナウイルスワクチンが接種できるようになれば、接種したい」と答えたのは対象者の65%に上った。一方、「新型コロナウイルスワクチンの接種を拒否する」と回答した人は全体の8%にとどまった。また27%は「新型コロナウイルスワクチンの接種を躊躇(ちゅうちょ)する」と答えている。

一方、新型コロナウイルスワクチンの接種を希望する人の中で、接種にあたり料金を払いたいと答えた人は全体の35%にとどまった。職業別ではとくにドライバーや家事労働者の中で、料金を支払いたいとした人が12%だけだった。

新型コロナの影響によるインドネシアへの最新入国事情はコチラもご確認下さい。
※WEB Lifenesiaへ

新型コロナによる影響は?|インドネシア最新出入国事情と社会規制情報まとめ【入国者体験談付】

 

記事カテゴリー