【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

煙害への非常事態宣言が解除 リアウ州

スマトラ島中部のリアウ州では森林火災による深刻な煙害(ヘイズ)のために9月23日に州政府が非常事態を宣言していたが、観測していた高温地点(ホットスポット)の数が9月30日には0カ所となったことから、州政府はその翌日の10月1日に非常事態宣言を解除した。
州政府によると、州都のプカンバル市、シアク県、カンパル県、ドゥマイ市、ロカン・ヒリル県、ブンカリス県のそれぞれで、大気汚染の程度を示す空気質指数(API)が「健康に害を及ぼすレベル」であったが、現在は「良い」か「まあまあ良い」にまで回復しているとのこと。非常事態宣言に伴い州政府は避難所と医療拠点を設置していたが、すべての避難所を閉鎖した。
リアウ州では9月24日以降に降雨が何度かあり、このおかげで高温地点が減少し、大気汚染が改善した。ただし、州では泥炭地および森林の火災について、依然として10月末までは警戒するよう注意喚起している。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー