【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

ジャカルタ州知事 国に新型コロナ患者の対応を要請

(c) TheJakartaPost

ジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン知事は、ジャカルタ周辺の都市からジャカルタ特別州内の病院に搬送される新型コロナウイルス患者の数の増加に伴い、州内の病院で空き病床数が減少し医療体制がひっ迫していることから、新型コロナウイルス患者の対応を州の代わりに国が行うよう、政府に要望を出した。

ジャカルタ特別州政府がインスタグラムの公式アカウントに掲載した内容によると、1月17日時点の空き病床数はわずか13%になっている。また、現在使用中の病床の24%がバンテン州タンゲランや西ジャワ州のボゴール、デポック、ブカシなどのジャカルタ特別州政府の権限が及ばない都市から運ばれてきた患者で占められているという。

政府は病院の病床数を増やすことを計画しているが、1日の新規感染者数が増加し続ければ単なる一時しのぎにしかならないとの批判もある。