【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

休暇シーズン目前 警備強化で混乱回避

ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は国民に対し、クリスマス・年末年始休暇シーズンに向け寛大な心と調和を重視するよう求めると共に、混乱を避けるため運輸・道路整備の強化を図ることを約束した。
大統領は休暇準備会議に際し「国民の皆様には、皆が快適に休暇を楽しめるよう寛容性、調和性、兄弟愛を大切にしてほしい」と述べ、生活必需品の十分な準備と価格のコントロール、円滑な流通システムの維持に全力を尽くすと話した。また組織の枠を超え、インドネシア軍、国家警察、国家情報機関総出でセキュリティの確保に努めるとしている。
これを受け国家警察の広報担当者は「警察・軍・自治体で協力し、教会や観光地、モールなどを中心に19万人以上の警備スタッフ配置を予定している。特に交通混雑が激しく毎年多くの事故が発生している北スマトラのブラスタギ、バンテンのメラクなどを中心にセキュリティを強化したい」とコメントした。