【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

西スマトラ州のムアララボ地熱発電所が商業運転開始|住友商事株式会社

住友商事株式会社は、インドネシアの民間発電事業デベロッパーであるPT. Supreme Energy、欧州大手総合エネルギー企業のENGIEと共同で、インドネシアの西スマトラ州でムアララボ地熱発電事業に参画している。3社は、12月16日よりムアララボ地熱発電所の商業運転を開始したと明らかにした。

住友商事は、井戸の試掘前から同事業に参画しており、日系企業としては最も初期の段階からインドネシア地熱鉱区開発に関与している。

主要機器である地熱蒸気タービンと発電機は富士電機株式会社より供給を受け、土木据付込み一括請負工事は現地パートナーであるレカヤサ・インダストリ、当社100%子会社の住友商事パワー&モビリティ株式会社と共に実施した。

今回の完工により、発電容量85メガワットでの商業運転を開始し、スマトラ島の42万世帯の使用電力量に相当する電力を賄う。

 

記事カテゴリー