【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

キリスト教の受刑者にクリスマス恩赦 166人釈放

法務・人権省は12月25日、国内のキリスト教を信仰する受刑者1万8900人のうち、1万2629人にクリスマス特別恩赦を与えたと発表した。恩赦が与えられた受刑者のうち166人が釈放され、その他に2704人に15日、7895人に1ヵ月、1507人に1ヵ月15日、357人に2ヵ月の刑期の減刑が与えられた。
クリスマス恩赦は、インドネシアの法律で定められた受刑者の権利。スリ・プグー刑務事務局長は、受刑者の改心を期待すると話している。一方で、この恩赦により一日当たり1万7000ルピアの受刑者の食費、総額で63億ルピアの節約になるという。

 

記事カテゴリー