【出展企業様募集】営業機会を増やす ビジネスEXPO開催 詳細はこちら

ウィング航空が国内線を拡充、パプア路線を開設

インドネシアの格安航空会社(LCC)ウィング航空が国内線の拡充を図っている。12月29日にはパプア州のナビレと西パプワ州マノクワリを結ぶ新路線を開設した。
ウィング航空はナビレ~マノクワリ線にATR72-500型機とATR72-600型機を導入。それぞれエコノミークラス72席で構成される。
新路線は火、木、日曜日の週3便運航される。行きの便はナビレを午後12時50分に出発し、マノクワリには午後2時に到着する。帰りの便はマノクワリを午後2時20分に飛び立ち、ナビレには午後3時半に着く。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!