【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

度重なる縁故採用が物議に リアウ州

リアウ州で、州知事、州政府幹部、州都プカンバル市の市長の親族・親戚が、それぞれ新たに公務員として重要な職に就いたことに批判の声が挙がっている。
シャムスアル州知事の義理の娘は州税務局の部門長となった。秘書であるヤン・プラナ氏の妻は地域公務員風紀委員会(BKD)の委員長に就任。兄と弟も州の機関の長となった。1月の第2週に公務員734人の異動があり、その中にこれらの人事が含まれていた。一方、プカンバル市では市長の息子が市の資産財務管理局の局長になり、その一週間後には息子の妻が市の税務局の部門長となった。
いずれの人事も適法で問題は無いと州と市の当局ではコメントしている。これに対して、内務省の広報官は同省がリアウ州政府に対して人事の理由を尋ねる書簡を送ったことを明らかにしている。ただし、縁故者を要職に任命することは法律的に禁じられてはいないとも述べている。

 

記事カテゴリー