【重要】LINE公式アカウントキャンペーン開催!今すぐ友だち登録して応募する

暇つぶしで見知らぬ高校生に暴行、死亡させる 男を逮捕

中部ジャワ州バントル県で11日、友人とツーリングを楽しんでいた高校生のファトゥルさん(16)が見知らぬ男(18)から暴行を受け、死亡する事件が発生した。
ファトゥルさんは午後2時半頃、グヌンキドゥル海岸から帰宅する途中、偶然通りで同じように友人らとバイクに乗っていたアルヤ容疑者と居合わせた。アルヤ容疑者は、全く面識のなかったファトゥルさんにペンキをかけ、さらにバイクで追いかけた後にファトゥルさんのバイクを蹴って転倒させた。道路に投げ出されたファトゥルさんは全身を強く打ち、首を骨折。搬送先の病院で死亡が確認された。
その後の警察の捜査からもファトゥルさんに落ち度なく、アルヤ容疑者は動機について暇つぶしだったと供述している。有罪が確定すれば、懲役7年の実刑判決が科される。ファトゥルさんの母親は「命には命で償ってほしい。最も重い刑罰を望んでいる」とコメントしている。

 

記事カテゴリー