【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

新型コロナインド変異株と南ア変異株がジャカルタとバリで発見される

(c) CNN Indonesia

ブディ・グナディ・サディキン保健相は3日、オンライン会見を開き、インド由来の新型コロナウィルスの変異株「B1617」がジャカルタで2件、南アフリカ由来の新型コロナウィルスの変異株「B1351」がバリで1件、発見されたと明らかにした。

これまで国内では、英国由来の変異株(B117)が13件確認されている。またブディ保健相は、「世界保健機構(WHO)も懸念を示す変異株が国内で確認された。我々もより警戒し、このコロナ禍を共に乗り越えなければならない」と国民へ呼び掛けた。

また保健省は、「この3つの変異株は憂慮すべき変異体(VOC)に分類され、従来のウィルスより36~75%感染力が強い」として公式ホームページで注意を喚起している。

2日時点の新型コロナウィルスの感染状況は感染者数167万7274人で、うち153万718人が回復、4万5796人が死亡、10万760人が治療中となっている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!