【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

地震・津波警報の誤報 気象庁が謝罪

(c) DetikNews

インドネシア気象庁(BMKG)は5月27日、マグニチュード8.5の大地震と大津波が発生するという警報をTwitterアカウントで誤って発信した。気象庁は津波早期警報の発信システムの間違いだったと謝罪している。

今回誤報とされた早期津波警報は、6月4日午前10時頃に中部ジャワ州、東ジャワ州、西ヌサ・トゥンガラ州、東ヌサ・トゥンガラ州、バリ州でマグニチュード8.5の大地震とそれに伴い津波が発生するという内容のもの。

誤報であり、地震予知ではないとしている。誤った情報はパニックを引き起こす危険性があり、通信情報省は気象庁に対し、今回のSMSでの誤報に対する評価と調査を行うよう求めている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!