【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

ジャカルタで不動産開発事業に共同参画|住友林業株式会社

住友林業株式会社と株式会社熊谷組は、ジャカルタでSinarmas Land Limitedと山林・合板製造会社PT Alas Kusumaと共に、総投資額約1億5000万米ドルとなる高層コンドミニアム及び商業複合施設開発事業に着手すると1月31日、明らかにした。

同プロジェクトは、総戸数約900戸の高層コンドミニアム及び商業複合施設開発プロジェクトで、2021年初旬に発売予定。ジャカルタの中心部クニンガン地区に位置し、ジャカルタ屈指の商業地区であるタムリン地区の中心部まで車で10分の幹線道路沿いにある。

両社は今後、成長著しいインドネシアや熊谷組グループが強みを持つ台湾をはじめとしたアジア地域において、海外事業の一層の強化を図っていくとしている。

 

記事カテゴリー